蚊に刺さされた後の病気、感染症に要注意!予防策も

ぷ~ん・・・この音で夜中に起こされることが多い季節になってきましたね。そう、蚊です。昔は蚊に刺されてもかゆくなるだけで、それほど危険を感じたことがありませんでしたが、最近は感染症が怖いですね。感染症を防ぐには蚊に刺されないようにするのが一番です。どのような予防、対策があるかあらためて確認してみましょう。

スポンサーリンク

デングウイルス

デング熱は2014年に話題になった感染症ですね。ネッタイシマカやヒトスジシマカによってウイルスが媒介されます。デング熱に感染してから発症するまでの潜伏期間は2~14日、発症すると急に熱が出て頭痛、筋肉痛、関節痛を起こします。インフルエンザと同じような症状が出るんですね。

また、発疹が出ることもあるようですよ。

 

マラリア原虫

マラリア原虫は細菌やウイルスではなく原虫という微生物です。熱帯熱マラリア、三日熱マラリア、四日熱マラリア、卵型マラリアと、発症の原因となるマラリア原虫の種類によって分類されます。

 

その蚊に刺された人だけがマラリアに感染します。なので人から人には感染しません。症状は悪寒や震え、高熱など、風邪に似た症状がおこります。症状が重くなると意識障害が出たりして亡くなることもある怖い病気です。

 

どちらにしても、風邪に似た症状が出るので気づきにくいので注意が必要になります。

 

予防対策

とにかく蚊に刺されないようにするしかないようです。蚊取り線香などを使う、虫よけスプレーで蚊を寄せ付けない、肌を露出しないなどの対策をするしありません。

 

我が家では、子ども二人が喘息気味なので蚊取り線香は使わないで液体タイプのものを使用しています。

 

蚊が部屋にいる、いないにかかわらず、寝る時にはそれを付けて寝ることにしています。一晩付けていれば外からの侵入も防げるので効果があると思います。

スポンサーリンク

蚊の発生を抑える

家の周りから蚊の発生を抑えることも大切です。屋外に置かれている植木鉢の受け皿や空き缶、バケツなどに溜まった水に産卵するので水は小まめに捨てる方が良いです。蚊はそういう所に産卵しますよ~。

 

この時期にそいった所に溜まった水を除いてみると小さく、にょろにょろ動く虫を見た事ないですか?それがボウフラで蚊の幼虫です。2週間ほどで成虫になるというのでみつけたらすぐに水を流すなどして駆除した方が良いですね。

 

蚊に刺されることで感染する病気は他にもあり、日本脳炎、ジカ熱、など怖い病気もあります。気候の変化で今まで日本では考えられなかった病気が流行ったりすることも考えられます。

 

これからの季節は蚊よけ対策もしっかりしたいといけないと思いました。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

まとめ記事


アトピーとの付き合い方
子どものある一言がきっかけでアトピーを治してあげたいと思うようになりました。色々と試しながらアトピーとどう付き合っていくか考えました。


アトピーお助けアイテム
なるべくお薬を使わないでアトピーを改善したくて私がよさそうだと思うものを試してきました。良かったものも、そうでないものもありました。



手帳の愉しみ
手帳を楽しむための工夫をしています。イラストや文字にもこだわって書います。文房具や手帳に関係する本の感想もまとました。

手帳日記
手帳に綴る日々の出来事。できるだけイラスト入りで公開しています。

IMG_1169
ママバターを使い始めてから2年が経ちました。アトピーの次男や敏感肌の長男も使うようになってますます我が家には必要なアイテムになりました。使ってみた感想をまとめました。


e5eda034ca2703e47c9be4ab551411ef_s

引き寄せの法則実践メモです

ベルメゾンの速乾ふんわりタオルを使ってみました。
タオルソムリエがこだわりをもって選んだタオルとはどんな感じだったか・・・感想を書いています。

IMG_1147 (1)-crop
フェリシモのイラストレッスン全6回
かわいいイラストを手帳に添えることができたら素敵だと思いませんか?イラストレッスンではかわいいイラストが1000個も描けるようになりますよ。


大人になっても憧れるかわいい文字の書き方レッスン
ちょっとしたコツでかわいい文字をマスターできます!手帳、日記、メッセージカードに活用できますよ。実際にほぼ日手帳に書いています。

ピックアップ記事

2016.3.16

カルピスのアレルケアーこども用を1か月食べさせた感想とアトピーの効果は?

カルピスのアレルケアこども用を飲ませてから1か月が経過しました。その1か月の間は溶連菌感染症、胃腸炎になってしまったのでその間はお休みしてい…

ページ上部へ戻る