かわいい文字の書き方のコツがあるんです!書けるようになれば手書きの手帳もかわいくなるよ

かわいい文字が書けたなら手帳やノート、子どもたちへの伝言メモ、メッセージカードももっと楽しく書けるだろうなって思ってずっと気になっていたフェリシモの「大人のかわいいふだん文字が書けるようになっちゃうプログラム」を受講することに決めました。

 

商品が到着したのでその感想と1か月目の内容もご紹介します。練習も実際にやってみました。「あいうえお」「かきくけこ」「さしすせそ」と練習をしましたよ。文字がすごくかわいい~!こんな文字が本当に書けるようになるんだと思ったらワクワクしてきました!

 

●私が現在受講中のプログラムはこちらからご覧いただけます。
フェリシモ イラストレーターさんにおそわる 大人のかわいいふだん文字が書けるようになっちゃうプログラム[6回予約プログラム]

 

スポンサーリンク

商品到着

フェリシモって配送箱もステキなデザインなんですよ。届く箱に「自分へのプレゼント」「毎月サンタクロース」という意味が込められていて商品だけでなく箱ごとハッピーを届けることを大事にしているそうです。

今まで色々な通販を利用しているけれど、こんなに配送箱にこだわっているのは見たことがないです。箱を見ただけでワクワクできるというのはそういうことだったんだと思いました。

 

中を開いてみると「はじめまして、フェリシモですが入っていました。えっと確か2年ほど前に「かわいい1000個のイラストがささっと描けるようになっちゃうプログラム」を受講して初めてではないのですが・・・。

今回はネットで申し込んだからかな~と思いながらも受講のやり方も忘れていたので良かったかな。

 

初回はガイドブックも付いてきますがとても大切なので読んでから保管しておきましょうね。その他にカタログが何冊か入っていましたが写真は撮っていません。それと、1か月目のレッスン帳です。大学ノートサイズで全35ページになります。

 

1カ月目「ひらがな」レッスン内容

1か月目はひらがなレッスン、練習内容を説明していきますね。

  1. 基礎練習 ひらがなを練習しよう
  2. 基礎練習 ひらがなのことばを練習しよう
  3. 基礎練習 顔文字を練習しよう
  4. 応用練習 詩を書いてみよう
  5. 応用練習 イラストと一緒に練習しよう
  6. 応用練習 ひらがなサインを作ってみよう
  7. 実践練習 おなまえシールに書いてみよう

普段から使える顔文字やちょっとしたイラストの練習もできます。例えば「ありがとう」の言葉とそれに合うイラストがあればより気持ちは伝わると思うので練習後は、積極的に活用したいなって思いました。

 

スポンサーリンク

ひらがなレッスン開始!

「あいうえお」は想像通りで難しいです・・・。丸っこく書くことに慣れていないのと、バランス良く書くのが私は苦手。今回は2行だけ練習してみました。なぜかというと、毎日少しずつ練習した方が手が覚えるかな~って思ったからです。

何かを身に着けたい時にはやっぱり毎日少しずつでも良いからコツコツですね。

 

日常でよく使う言葉の練習です。「ありがとう」「いただきます」「おかえりなさい」「おだいじに」「よろしく」など全部で24種類あります。

これをマスターすれば、お家ではもちろん職場でもかわいいメモが残せそうです。

 

ここでは顔文字と文字の練習です。言葉をプラスすることでコミュニケーションの幅が広がっていきますね。

手帳にだってこのイラストは活躍しますよ。その日の気分をイラストと文字でその日の気分を表したり、体調を表すイラストと文字を書けばすれば体調管理に役立てそうです。

イラストが苦手な私なので、ぱぱっと描ける顔文字はうれしいです。

 

こちらはイラストと文字の練習です。連絡帳や音読カードのサインなどに描けそうなイラストばかりです。季節ごとに使えそうなかわいいイラストもありますね。

男の子が喜びそうな「かぶとむし」「くじら」「くるま」「ひこうき」。女の子なら「うさぎ」「さくらんぼう」「みつばち」「いちご」などありますよ。

 

上の画像は「ほぼ日手帳」に練習前(左)、練習後(右)と書いたものです。ひらがなに変化はありますか??少しはかわいい文字になっているような気がします。練習しないとすぐにもとの文字に戻ってしまうので、意識して書かないとダメですね~。

 

レッスンでオススメの筆記用具は?

練習に必要なものは筆記用具だけです。使い慣れているお気に入りの筆記用具があればOKですよ。レッスンでオススメしているのはペン先の滑りのよい水性ボールペンか鉛筆です。

 

私のオススメも鉛筆ですね。芯が柔らかくてとても書きやすいです。普段使うのがシャーペンなのでそれで練習もしましたが鉛筆と比べると芯が細いので硬い感じがします。水性ボールペンも試しましたが私の持っているボールペンがたまたま滑りが悪くて書きにくかったのでやめました。

 

最初は鉛筆で始めることをオススメします。

 

練習ポイントは?

普段使っている文字とは違う文字を書くのですから、ちょっと難しいな~と思うかもしれません。それでも、ゆっくり丁寧にお手本の文字をなぞります。肩の力を抜いて文字の形を意識しながら指に覚えさせる感じです。

 

練習しているうちにだんだん楽しくなり、遠い昔の記憶がまで蘇ってきました。私が最初にかわいい文字に憧れていたのは小学生の頃。丸い文字が流行っていました。かわいい文字を書く同級生のマネをして練習していましたね~。懐かしいです。

 

もしかしたらみなさんもそんな経験があるのでは!?それならかわいい文字がミニツクのも速いかもしれませんね。

 

レッスンの後は練習した文字だけでも意識して書くことです。日記、手帳、連絡ノートなどに恥ずかしがらずに積極的に書いてみることです。なぜかというと、書かないと忘れてしまうんですね。忘れないうちに書くようにする!それがポイントです。

 

これからどんな文字が学べて、自分もどんな風に文字が変化していくのだろうかと想像するとワクワクしてきます。そんなワクワクするレッスンはこちらです。
フェリシモ イラストレーターさんにおそわる 大人のかわいいふだん文字が書けるようになっちゃうプログラム[6回予約プログラム]

 

~関連記事~

2か月目の様子はこちらです。
書き方のコツをつかめば手書き文字でカタカナもこんなに可愛くなる

かわいい文字のレッスンまとめました。
大人になっても憧れるかわいい文字の書き方レッスン受講しました

 

関連記事

コメント

  1. cocoさんこんにちは!
    実は私も興味あって、今日申し込んでみました!可愛い字も書けるようになったら最強ですよね
    私も楽しんで頑張ります!(同じく6回のやつです〜)

      • coco
      • 2017年 3月 08日

      ohayoさん
      こんにちは。申し込んだんですね~!きれい文字を学ぼうと思えば講座はたくさんあるけど、可愛い文字ってなかなか学ぶことってできないですよね。一緒に楽しく練習しましょうね!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

まとめ記事


アトピーとの付き合い方
子どものある一言がきっかけでアトピーを治してあげたいと思うようになりました。色々と試しながらアトピーとどう付き合っていくか考えました。


アトピーお助けアイテム
なるべくお薬を使わないでアトピーを改善したくて私がよさそうだと思うものを試してきました。良かったものも、そうでないものもありました。



手帳の愉しみ
手帳を楽しむための工夫をしています。イラストや文字にもこだわって書います。文房具や手帳に関係する本の感想もまとました。

手帳日記
手帳に綴る日々の出来事。できるだけイラスト入りで公開しています。

IMG_1169
ママバターを使い始めてから2年が経ちました。アトピーの次男や敏感肌の長男も使うようになってますます我が家には必要なアイテムになりました。使ってみた感想をまとめました。


e5eda034ca2703e47c9be4ab551411ef_s

引き寄せの法則実践メモです

ベルメゾンの速乾ふんわりタオルを使ってみました。
タオルソムリエがこだわりをもって選んだタオルとはどんな感じだったか・・・感想を書いています。

IMG_1147 (1)-crop
フェリシモのイラストレッスン全6回
かわいいイラストを手帳に添えることができたら素敵だと思いませんか?イラストレッスンではかわいいイラストが1000個も描けるようになりますよ。


大人になっても憧れるかわいい文字の書き方レッスン
ちょっとしたコツでかわいい文字をマスターできます!手帳、日記、メッセージカードに活用できますよ。実際にほぼ日手帳に書いています。

ピックアップ記事

2014.6.7

茶がらは捨てずに再利用 フローリングのお掃除に使えるよ

フローリングのお掃除、みなさんはどうしていますか?私は雑巾がけをしていますよ。以前はハンディーモップでやっていたのですが、お掃除後、裸足でフ…

ページ上部へ戻る