手帳を手作りできるバレットジャーナルの作り方、用意するのはノートとペンだけ。

来年の手帳は購入しているのにも関わらず手帳好きの私はまだ文房具屋さんを見て回っています。その中で「自分で手作りできないかな~」とふと思ってネットで調べていました。

 

そうしたら気になるものを発見!それはバレットジャーナルというものでした。本も出ていて早速購入。先日届いたので今読んでいるところです。それがこちらの本です。

 

バレットジャーナルというのは・・・

アメリカ発祥のもので、日本では2014年ごろから徐々に知られるようになってきた手帳術です。「バレット(ビュレット)」というのは、箇条書きの先頭に点ける「・」(Bullet Point)のこと。箇条書きと記号を活用して、タスクやスケジュール、メモなどを効率的に管理できる手帳ということで、「バレットジャーナル」と名づけられました。

「箇条書き手帳」でうまくいく はじめてのバレットジャーナル より

説明だけでは「??」なので始めるにあたって、まずは用意するものを書いていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

用意するもの

バレットジャーナルを始めるにあたって用意するものは「お気に入りのノートとペン」だけです。この2つだけで始めることができます。ノートは手帳として使うので持ち歩きやすいサイズがオススメです。

 

私はこちらを用意しました。

「ロルバーン ノートLサイズ」です。詳しくはこちらをどうぞ。全12色もあってどれにするか迷ってしまいます。私はレッドを購入しました。
ロルバーン ノート L ポケット付メモ

 

全140ページ(70枚)・両面5mm方眼・紙色クリームイエロー、ミシン目付き・クリアポケット5枚付きです。画像では用紙の色が出ていませんね。ごめんなさい。

 

ノートにはミシン目が入っているのできれいに切り離せるところも嬉しいところです。私は「ロルバーン」を使うのが始めてなので楽しみでもあります。これから、使い心地などもお伝えしていけたらと思います。

 

ページの最後にクリアポケットが5枚付いています。ポストカードが入るサイズです。レシートやメモを入れておくのに便利そうです。ペンはジェットストリームを使う予定ですが良いものがあればご紹介していきますね!

 

今回はバレットジャーナルを始めるにあたってまずはノートを用意しましたが、次回は実際に書いたものをご紹介できたらと思っています。

 

バレットジャーナルの続きはこちらからご覧いただけます。
バレットジャーナルの始め方とノートの内容。初心者の私だけど中身を公開

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

まとめ記事


アトピーとの付き合い方
子どものある一言がきっかけでアトピーを治してあげたいと思うようになりました。色々と試しながらアトピーとどう付き合っていくか考えました。


アトピーお助けアイテム
なるべくお薬を使わないでアトピーを改善したくて私がよさそうだと思うものを試してきました。良かったものも、そうでないものもありました。



手帳の愉しみ
手帳を楽しむための工夫をしています。イラストや文字にもこだわって書います。文房具や手帳に関係する本の感想もまとました。

手帳日記
手帳に綴る日々の出来事。できるだけイラスト入りで公開しています。

IMG_1169
ママバターを使い始めてから2年が経ちました。アトピーの次男や敏感肌の長男も使うようになってますます我が家には必要なアイテムになりました。使ってみた感想をまとめました。


e5eda034ca2703e47c9be4ab551411ef_s

引き寄せの法則実践メモです

ベルメゾンの速乾ふんわりタオルを使ってみました。
タオルソムリエがこだわりをもって選んだタオルとはどんな感じだったか・・・感想を書いています。

IMG_1147 (1)-crop
フェリシモのイラストレッスン全6回
かわいいイラストを手帳に添えることができたら素敵だと思いませんか?イラストレッスンではかわいいイラストが1000個も描けるようになりますよ。


大人になっても憧れるかわいい文字の書き方レッスン
ちょっとしたコツでかわいい文字をマスターできます!手帳、日記、メッセージカードに活用できますよ。実際にほぼ日手帳に書いています。

ピックアップ記事

2014.5.11

ママバターフェイスローション、敏感肌でも大丈夫と口コミ多数あったので購入してみました

敏感肌の長男とアトピーの次男、そしても私も一緒に使えるローションはないかな~と探したところ、「これだ!」という商品をみつけました。保湿も良く…

ページ上部へ戻る