ナチュラルな暮らし

うっとうしいコバエの発生を予防するための方法と対策とは

暑くなってくると部屋を飛び回るコバエ。うっとしいと思いませんか?我が家ではこの方法でコバエが減り、コバエ駆除のための製品を買うということが少なくなりました。節約にもなり、うっとしいコバエにもさよならできる。そんな、簡単な方法を書きたいと思います。

スポンサーリンク

コバエの種類は主に3種類

ショウジョウバエ・・・腐った果物や食べ物から発生。卵から成虫まで約10日で成長するので油断しているとあっという間に増えてしまいます。

ノミバエ・・・腐ったものや食品の匂いでやってきます。食卓の上に歩き回っているコバエはノミバエですね。こちらも発生源は生ごみです。

クロバネキノコバエ・・・観葉植物や植木鉢が置いてあると発生しやすくなります。

 

コバエ予防・・・シンク

家の中で一番発生しやすい箇所はやっぱりキッチンです。そこをきちんと対策をしておけばかなりコバエを減らすことができると思います。まず私がやったことは、シンクに生ごみを置かないようにしました。排水口のゴミ受けにはフタはかぶせず流れたゴミが見えるようにしました。こんなゴミ受けです。

キッチンの気になるニオイの原因は排水溝のヌメリ!?

これに変えたことで、嫌なヌメリに悩まされることがないし、ゴミがたまっていくのが見えるのですぐに捨てるようになり、清潔になりました。ここを変えただけでもかなりのコバエを減らすことができましたよ。

 

コバエ予防・・・生ごみの処理

この時期はとにかく生ごみ出さないように心がけています。どうしても出てしまうのは、野菜の皮だったり、食べ残し、排水口に設置してあるゴミ受けのゴミ。どれも濡れていて放置すれば腐っていきます。その腐ったニオイに誘われてやってくるので、ニオイが発生しないようにする工夫が必要です。

 

 

我が家の場合は生ごみを新聞紙で包みます。水分を多く含みすぐに濡れてしまうのであれば何枚も包みます。それからビニール袋に入れてからフタ付きのダストボックスに入れます。

 

 

特に水っぽい、すいか、メロンなどは皮が大きいので包むのは大変です。一応、新聞紙で包みビニールに入れておきますが、家に置いておく時間を短くするために、なるべく収集日の前日に食べるようにしています。

 

 

野菜の皮、果物の皮だったら、ビニール袋に入れて収集日まで冷蔵庫に入れておいても良いかなと思います。残飯を冷蔵庫に入れるのはちょっと抵抗があるので、新聞紙に包み、ビニールに入れてダストボックスです。

 

 

 

その前に食べ残しがないようにしないといけませんよね。

スポンサーリンク

こまめなお掃除

使った後のシンクと排水口の掃除をこまめにすることも大切です。そこもニオイの原因になります。それと、コバエの産卵には水分が必要なので、最後に水分を取ってあげるのも発生を抑えることができます。とは言っても、シンクの水分を取るのは正直面倒ですよね。キッチンペーパーやふきんで拭くのではなく、新聞紙を広げて一気に水分を吸わせてしまうのも1つの方法かなと思います。やってみてください。

 

コバエが発生したらとにかく退治!

コバエが発生したら、ハエとり紙・殺虫剤・置き型のホイホイなども活用すると良いですね。でも、我が家にはアトピーの子がいるので殺虫剤は使いたくないなぁと思っています。一番安全なのは、ハエとり紙、置き型のものかなと思います。

 

置き型のタイプは以前よく使っていました。よく取れますが暑さのせいで吸引剤がすぐに乾いてしまった・・・というイメージがありました。ハエとり紙は使ったことがないのでわかりませんが、見た目がちょっと気になります。

 

やっぱり発生させない努力をしないとダメなのかなと思います。グッズを購入する前に私がやっている方法を試してみてください。徐々に減ってくると思いますよ。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村