フェリシもでおうちレッスン

入園入学準備の名前書きは子どもが喜ぶ手書きが一番!イラストも

入園・入学準備での作業でちょっと大変なのが持ち物すべてに名前を書くという作業かなって思います。私は文字に不満があったのでかなり嫌でしたが今だけだと我慢して手書きで書いていました。

 

もう少し、自分の文字か可愛かったら・・・少しでもイラストが描けたら・・・その頃はいつも思っていました。だけど、かわいい文字やイラストを習う機会というのが残念ながらなかったんですね。

 

これから名前を書く機会が多いけど、文字に自信がないという方やちょっとしたイラストが描けるようになりたい!という方にはオススメのレッスンがあります。入園入学前の準備の1つとして習ってみるのも良いかなって思いますよ。

 

どんなレッスンかちょっと覗いてみてください。
フェリシモ かわいい1000個のイラストがささっと描けるようになっちゃうプログラム[6回予約プログラム]

フェリシモ イラストレーターさんにおそわる 大人のかわいいふだん文字が書けるようになっちゃうプログラム[6回予約プログラム]

 

とにかく名前を書く機会が増える

先にも書いたのですが持ち物すべてに名前は必ず書かなければなりません。服、下着、うわばき、靴、とにかく全部です。下着類なら自分の文字を隠せますが、目につくことが多いうわばき、通園かばん、レッスンバッグなどみんなに見られやすいものもあります。

 

かわいい素敵な文字を書いているママ、自分のものと判断できるようにかわいいイラストを描いているママもいて本当に羨ましいなって思っていたこともありました。

 

私も頑張ってカブトムシのイラスト入りのうわばきにしてあげたところとっても喜んでくれたのを覚えています。いくら下手であってもママが描いてくれたというだけで子どもにとってはうれしいのかもしれませんね。

 

連絡帳を書く

長男を2歳で保育園に入れたのですが、子どもの様子、朝・夜の食事、体温等を連絡帳に毎日記入していました。先生がそれを読み、1日の様子を書いて戻してくれるということをやるのですが、私としては文字が下手で恥ずかしい思いをしました。

 

先生の文字はどこかで習っているのか、みんなかわいい文字を書くんですよね。思えばその頃からかわいい文字の憧れは大きくなっていったように思います。

 

かわいい文字を習っておけば自信を持って連絡帳を書く事だってできますね。

 

小学校でも以外と使うのです

小学校でも持ち物すべてに名前を書きます。まだ上手に書けない1年生のうちは親が書くことになります。それに、連絡帳のチェック、音読などの一言感想やチェック欄もあります。

 

そのチェックする欄には印鑑や名前を書いても良いのですが、手書きのイラストを描くと子どもは結構喜んでくれるのでオススメです。
フェリシモイラストレッスンを活用する。連絡帳や音読カードにサインしてみた

 

かわいい文字やイラストは身に付けておくととっても便利です。子ども達が大きくなって使わなくなったとしても自分の日記、手帳にも書けるので一生ものですよ。

 

フェリシモのイラストレッスンとかわいい文字レッスンの感想をまとめてあります。興味があればぜひのぞいてみてくださいね。

手帳をかわいく、フェリシモのイラストレッスンプログラム

大人になっても憧れるかわいい文字の書き方レッスン受講しました

 

スポンサーリンク