手帳の楽しみ方

ほぼ日手帳、気になるのは分冊版avec(アヴェク)

9月1日、ほぼ日手帳が発売されました。
私は今年からのデビュー。
私が最初に手にしたのは文庫本サイズの「オリジナル」でした。
ほぼにち2
書けない時は空欄が多いのですが、
書く時はやっぱり書くのでスペースがもっと欲しい。
でも今年登場したavec(アヴェク)。
通常版のおよそ半分ということで手軽に持ち歩けそう。
興味があります。
シンプルライフを参考にしています。↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村


Sponsored link

avec(アヴェク)はほぼ日手帳の「分冊版」。
通常版の半分の薄さ・軽さで、前期と後期にわかれています。
前期(1~6月)と後期(7~12月)の2冊組。
かなり軽く、持ち運びが手軽になったようですね。
私も最初はA5サイズのカズンが欲しかったのですが
大きさや重さを考えると文庫本サイズが良いと思ってオリジナルにしました。
でも、使ってみるとオリジナルだと物足りない日もあります。
そうなるとやっぱりカズン。
今年はavec(アヴェク)カズンを購入しようと思っていますが
昨年購入したカバーが使えなくなるので そこも考え中です。
通常版と違う所もあるようなのでそこは注意です。
詳しくはホームページをみてください。
はじめまして。分冊版のほぼ日手帳“avec(アヴェク)”です。
ちょっとお高いほぼ日手帳なのでじっくり考えてみたいと
思います。
手帳選びは毎年ワクワクします。↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村